どの方角にも意味がある!運気を変える枕の向き

仲人Webライターハッピーと申します。

先ずはポチっと応援お願いします~

ネットサービスランキング

婚活アドバイス・婚活応援ランキング

先日の事です。雑誌で北枕が身体にいいらしいって記事を見て

ちょっと驚きでした。本当の所どうなのか、

調べたことを記事にしました~!

北枕は縁起が悪い?

私たちが「北枕は縁起が悪い」というのは、ご遺体が置かれる位置と

同じだからなのでしょうね。

北枕は心臓への負担を和らげるので、身体にいいとされる考えがあるそうです。

実は、それぞれの方角によって運気が変わるらしいです。

風水の考え方では、気は北から南に流れます。

そのため、北枕で寝ることにより、寝ている間に自然に気を

体内に取り込めると考えた様です。

又、磁場の関係から北枕で寝ると、熟睡でき、疲労回復に効果があり、

目覚めが良いとされてるそうです。

北の象意は、信頼関係・守秘・男女の愛・貯蓄などで、人間関係もうまく行き、

お金がとても貯まる方位とも言えるそうです。

深い意味もなく私はここ最近ずっと北枕で寝ていました。

東枕が良いという説もある

太陽の向きに頭を向けて眠っている事によって、仕事運や成長、

又若さなどを得る効果があると言われて居る様です。

朝陽のエネルギーがあふれるので、若さを保つ・美容にも効果があるとされています。

鬱傾向のある人や、やる気のでない人、引きこもりがちな人は、

ぜひこの方位に枕を向けて下さい。

朝起きるのが苦手な方もこの方向で寝ることをおすすめします。

朝陽の方角だから、パワーがあるそうです~。

一般的だと思ってた南枕

風水的にはあまりおすすめはされない方角なんだそうです。

エナジーに溢れた火の気の方角。この方位では熟睡は期待しないでくださいと意外な内容です。

北と真逆の方角なので健康運と金運はよくないですが、直観力や知性などが冴えて

人気や名声を得るのに効果的だそうなので、ケースバイケースで利用すると良さそうです。

芸術家など発想を大切にしている人には南枕はオススメという事です。

夕陽が沈む方向の西枕ってどうなの?

西というのは冷静や落ち着きを得られる方角です。

なので一番熟睡できると言われています。

ゆっくり休みたい方や充実した運気を取り入れたい方にはオススメの方角だそうです。

恋愛運や金運など全体的に安定させる効果がありますが、

東枕と逆なのでやる気が出なくなってしまう事も有るそうです。

西の象意は、遊び・恋愛・金運・飲食などです。この方位は、飲食業や接客関係の人には

特に良い方位となるそうです~

枕を希望の方向に向けて寝られない場合には、枕カバーをその方向のラッキーカラー

(北:白、東:赤、南:緑、西:黄色)にするだけでも効果があるそうです。

枕カバーやシーツは出来れば毎日替えると良いそうですが、

毎日はちょっと大変ですね!

まとめ

北枕 ⇒ 磁場の関係で熟睡でき、疲労回復効果があり、目覚めも良いそう

東枕 ⇒ 朝陽のエネルギーがあふれるので、若さを保つ・美容にも効果がある

南枕 ⇒ 人気や名声を得るのに効果があるので、芸術家などにはオススメ

西枕 ⇒ ゆっくり休みたい方や充実した運気を取り入れたい方にはオススメ

風水は自然の摂理をベースとした立派な学問 であり、

環境学、統計学ですから、それぞれの方位に意味が有って特徴がある訳です。

安眠、熟睡出来る様にご活用頂ければ、とても嬉しいです。

最後にランキングの応援お願い致します。

ネットサービスランキング

婚活アドバイス・婚活応援ランキング

“どの方角にも意味がある!運気を変える枕の向き” への2件の返信

  1. ランキングから来ました。
    私も、北枕がいいと聞いて、ビックリしています。
    今、西枕ですね。
    まぁ 悪くはないので、そのままにします。
    情報ありがとうございます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください