恋愛観の男女の違いを乗り越えて上手に付き合う方法

仲人webライターのハッピーです~
先ずはポチっと応援お願いします~

ネットサービスランキング

婚活アドバイス・婚活応援ランキング

異性とお付き合いしていると、 男と女でこれほど違いがあるのかと、

びっくりすることありませんか?特に、男性の恋愛観と女性の恋愛観が、正反対と言っていいほどの

特徴があるんです。恋愛観にこれほどの違いがあることは、どんな意味があるのでしょうか?

●恋愛中のドキドキは3年が期限!

男女共通の本能にプログラミングされている恋愛感情の期限は、3年と言われています。

お互いに「好き」という気持ちになって 相手のことを知りたいと思い、一緒にいるとドキドキして、もっと一緒に居たいと言う感情になりますよね?

その感情の高まりが3年ほどで だんだんと減っていき、少しずつ落ち着きをみせるのだそうです。

恋愛心理学や脳科学でも、脳内から幸せホルモンが盛んに分泌されるのが、 MAX3年間と

期限付きだということが 研究されて解明されたのだそうです。

3年以内で別れるカップルの比率が60%以上だそうなので、ちょっと納得ですね。

●男性は熱しやすく冷めやすい、女性は真逆

男性の恋愛観とは、「好き」と思った初めの瞬間が、ピークだといわれています。

パッと女性を視覚的要素から分析し、自分の許容範囲に収まると判断すると、「好き」という感情に

スイッチが押されるようです。そして、女性を手中に収めると、スッと気持ちは落ち着きをみせます。

そして女性の恋愛観では、「好き」という感情は、1度、目が合ったぐらいではなかなか芽生えることが無いようです。

何度も誘われていくうちに男性の良さを発見して行き、少しずつ「好き」という感情が高まりをみせて行きます。

男性は恋愛のきっかけ作りを手掛け、女性はその関係を長く続けるように

仕向ける、これが男女の役割分担となっているんですね。

●男性のストライクゾーンは広く女性は狭い

男性の女性に対するストライクゾーンは、かなり広いとされています。

最低基準が女性よりも低く、「受け入れてくれるなら」の姿勢が、許容範囲の広さに表れている様です。

所が、女性の男性に対するストライクゾーンは、かなり狭いとされています。

男性を選ぶ基準は「容姿」だけで決められることは少なく、「どんな人かわかってから」

でないと、受け入れることは難しい様です。

女性の多くは「自分のことを大切にしてくれるか」どうかが、男性を選ぶ基準のようです。

●男性の恋愛観は加点方式、女性は減点方式

男性は、女性の良いところを見つけると「好き」の気持ちが増えていきます。

最初の基準が「自分を受け入れてくれる」という最低ラインからスタートしていますので、

女性の良いところを見つけるたびに、好感度が上がっていくという加点方式で結婚観も同じそうです。

こまめに世話を焼いてくれる奥さんに感謝をする気持ちが、「今日も一日仕事を頑張る!」

という支えになっているのだそうです。

女性は、男性の悪いところを見つけると、「好き」という気持ちがどんどん減っていきます。

そして、相手を好きという感情が「この男性は、運命の人!最高の彼氏だわ」というところからのスタートなので、

自分にとってマイナス的要素が見つかると、どんどん減点されていってしまう仕組みになっています。

女性の結婚観でも同じで、新婚当初は奥さんは旦那さんのことを世界一のパートナーだと思っていますが、

日が経つにつれ「家事を手伝ってくれない」「家でダラダラしている」「脱いだ服を片づけない」など、

不満が溜まっていきます。そして、「好き」という感情をすり減らし、

愚痴るようになってしまうそうです。

●男は行動で「愛」を語り、女は言葉で「愛」が欲しい

男性は言葉で愛を語ることはおろか、それ以外の自分の感情すら、言葉にすることが苦手です。

それは、男性は「愛」は行動で示すもので、言葉での表現に重きを置いていないからに他なりません。

男性は自分の成果を認めてもらいたい欲求が強く、女性から「あなたのお陰で幸せよ」

と言ってもらえることがとても救いとなるのです。

男性が愛を感じられるのは「女性の言葉」であり、愛を表現するのは「行動」であることを覚えておきましょう。

女は言葉で「愛」が欲しい生き物ですね。行動でも言葉でも「愛」や「気持ち」を表現することができます。

そのため男性の愛の表現に対して、どうしても物足りなさを感じてしまいがちになります。

男性の愛は十分に行動から察することができても、男性から「愛の言葉」が聞けないことを不満に思う女性は多いです。

ですが、この表現の足りなさを男性に求めるのは、ソコソコでやめておいた方が無難です。

●男女の役割を意識すればきっと上手く行く

男女の恋愛を成立させるためには、男女がただ出会っただけでは始まりません。

どちらかが、発火しないとスタートしないものですよね。恋愛という花火に火をつける役割を、

男性が受け持ちます。そうして、恋愛という花火に着火させて、やっと交際がスタート出来るわけです。

その後、その花火の火を消さないように見守るのが女性の役目となります。

恋愛は二人でするものですが、男女それぞれに得意な役回りがあることを意識しておきましょう。

そうすることで、「最初はあんなにマメだったのに」「最近じゃ手抜きデートばっかり」なんて、女性の嘆きも

「まぁ、最初の猛アタックがあったからこそ、今付き合えてる」と思い直すことが出来るようになりますよね。

そして、男性も一度や二度、デートを断られたぐらいで諦めたらダメですよ。

女性の心に火をつけるのは男性が得意なのですから、どんどんアタックして行きましょう♪

●【まとめ】男女の恋愛観は現代で通用するのか?

「男性が女性や子どもを養い、女性が男性のサポートをすることが理想」

と、言えなくもない男女の恋愛観でしたよね?

現代では、男女平等の仕事内容が 当たり前になりつつありますし、

男性だって家事や育児に大きな貢献をしていると聞きます。

この恋愛観や結婚観も長い年月をかけて、少しづつ変化していくのかもしれませんね。

あなたの恋愛観は、どうでしたか?素敵な恋愛、応援しています♪

広告

“恋愛観の男女の違いを乗り越えて上手に付き合う方法” への2件の返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください